Preserved Flower

プリザーブドフラワーのワイヤリング

かわいいお花

プリザーブドフラワーのワイヤリングである、ピアスメソードを作る手順について、細かく説明して行きます。
・手順1
ワイヤー#24な先端部を、斜めに切って行き、小花やバラの軸(茎)エリアに対し、僅かに膨張している子房へと、直角に当てて行きます。以降ではワイヤー本体をこの状態のまま、直接突き挿して行きます。
※ワイヤーそのものを、なるべるゆっくりと回しながら、挿して行くと簡単に行う事が可能です。
・手順2
挿したワイヤーは、右側と左側の長さが、ぴったりと半分になった時へと、ワイヤーを完全に折り曲げて行き、茎にきちんと合わせながら、真っ直ぐに下ろして行きます。
※その部分がプリザーブドフラワーの軸となります。
・手順3
フローラルテープの端エリアを、ワイヤー自体にぐるぐると巻き付けて行き、優しく引っ張りながら、下部へと徐々に巻き下ろして行きます。
※引っ張る事により、粘着力の強度が増します。
・手順4
テープを掴んでいる手とは軽めに引っ張り、完璧に固定しながら、ワイヤーを握っている指先を、テープ本体をワイヤーへと、くるくる回転させながら、巻き付けて行くと、キレイに巻き付けられます。
※ワイヤーの先まで巻いたのなら、後は指かハサミによりテープを切る事で、完成した事になります。

プリザーブドフラワーを長く楽しむ方法

永遠の花とか長持ちする花と言われているプリザーブドフラワーですが、多くの人は思い違いをしています。確かに生花のように枯れることはありませんが、取り扱いを誤…

オレンジ色のお花