Preserved Flower

プリザーブドフラワーのアレンジで使う道具

白い薔薇

プリザーブドフラワーのアレンジを行う際に、利用する道具に関して、分かりやすく紹介させて頂きます。
.グルーガン
グルーガンスティックと言われる接着剤を、充分に温めてから、細部の接着へと使って行きます。
.フローラルテープ
プリザーブドフラワーのワイヤーを、キレイに隠して行き、茎本体の雰囲気を、しっかりと作り出して行きます。
.ドライ用フォーム
アレンジの加えるサイズによって選んで行きます。
.ハサミ
フラワーデザイン専用に製作された、特殊なハサミを使用します。
.ワイヤー
それぞれの目的に応じて、太さが異なって来ます。
・プリザーブドフラワーを楽しむ方法について
プリザーブドフラワーとは、一般的な生花と比較して、保存期間が長く設定されています。新鮮な状態を完璧にキープ出来る、プリザーブドフラワーでは、主にギフトやブーケなどで、頻繁に利用されております。
『何年経っても素敵な思い出を確実に残したい』と言った風に、強い希望を必ず実現してくれる優れた素材であるのが、プリザーブドフラワーです。プリザーブドフラワーはメンテナンスに、余計な手間暇を費やす必要が全くがありません。ですのでお店の印象を良くする、最適なディスプレイとして、積極的に取り入れられています。

プリザーブドフラワーを長く楽しむ方法

永遠の花とか長持ちする花と言われているプリザーブドフラワーですが、多くの人は思い違いをしています。確かに生花のように枯れることはありませんが、取り扱いを誤…

オレンジ色のお花