Preserved Flower

プリザーブドフラワーを長く楽しむ方法

オレンジ色のお花

永遠の花とか長持ちする花と言われているプリザーブドフラワーですが、多くの人は思い違いをしています。確かに生花のように枯れることはありませんが、取り扱いを誤ると、たちまち劣化してしまうのがプリザーブドフラワーです。非常にデリケートな花とも言えます。プリザーブドフラワーのデメリットと言われているのが、直射日光と湿気です。
直射日光はプリザーブドフラワーの色を褪せさせてしまい、カサカサに水分を奪い、ドライフラワーのようにしてしまいます。逆に湿度の高い所に置くと、着色した色が滲み出てベタベタと汚くなってしまいます。プリザーブドフラワーを長く楽しむには、それらのデメリットを回避するのが先決です。直射日光を避けるには、花を置く場所に注意する事が大切です。出窓や空調の当たるところも避けた方が賢明です。湿気に関しては、水回り(トイレ、お風呂、洗面所、キッチンなど)は不向きという事になります。
特に両方を緩和する手立てとして、花をケースなどに入れる事をお勧めします。ケースに入れると、埃を避ける効果もありますので、更に劣化が進むのを防いでくれます。以上の事に注意して頂けると、より長くプリザーブドフラワーを楽しむことが出来るでしょう。

プリザーブドフラワーを長く楽しむ方法

永遠の花とか長持ちする花と言われているプリザーブドフラワーですが、多くの人は思い違いをしています。確かに生花のように枯れることはありませんが、取り扱いを誤…

オレンジ色のお花