Preserved Flower

プリザーブドフラワーのお取り扱いについて

ピンクのお花

プリザーブドフラワーとは、生花を長期保存加工した花です。枯れない不思議な花です。水やりの必要はありません。 コラージュ、ウェディングブーケ、コサージュ、花雑貨の小物類などはとても繊細に出来ております。アクリルボックス又は、ガラス扉の中へ飾っていただくと劣化が遅く、長持ちいたします。プリザーブドフラワーを飾っていただくにあたり、直射日光、落下、無理に引っ張ったり、高温多湿、水分、テレビの上に置いたり、エアコンの風には直にあてない等、ご注意ください。破損や劣化、変色の原因になります。 コサージュは洋服への色移りを防ぐためにバック処理としてフェイクの葉っぱ、リボン等を使用している場合が殆どですが洋服への色移り、水濡れにはじゅうぶんにご注意ください。コサージュに限らず、プリザーブドフラワーは水濡れいたしますとポロポロとすぐに崩れ、使用不可能になります。また、アクリルボックスやガラス扉の中に飾っていただくことがホコリを寄せ付けない点では一番、優れていますが通常、リースや大きなアレンジはそのまま部屋に空気に触れる形で飾るものです。 もちろん、そのように飾っていただくのが本来の楽しみ方ですがホコリが付きましたらドライヤーの冷風(弱)又は、やわらかい刷毛でそっと払ってください。プリザーブドフラワーは性質上、経年と共に色の変化があります。お取り扱いは、やさしくお願いいたします。

プリザーブドフラワーを長く楽しむ方法

永遠の花とか長持ちする花と言われているプリザーブドフラワーですが、多くの人は思い違いをしています。確かに生花のように枯れることはありませんが、取り扱いを誤…

オレンジ色のお花